蓄積されたデータ、分析、売上向上のサイクル

蓄積された
売上データで
未来を創る
戦略会議NEXT

業界の担当者が抱える課題

資料を見ながら悩む女性

会員の購買情報はあるけれど、どう活用すればいいのかわからない…。会議で資料も出てくるが眺めるだけ。

仕事が山積みでパソコンに向かう女性

とにかく忙しい。日常業務を優先しているため、データ分析が放置されがち。仕事のやり方も人によってバラバラ。

効果的な販売促進策がわからずに困っている男性と女性

効果的な販促を行いたいが、どうすればいいの?また、その後の効果検証もあまり行えていない。

根本原因は?

  1. 分析の方法がよくわからない
  2. 業務が標準化されていない
  3. 経営判断に客観的なデータが
    使われていない
次への矢印

戦略会議NEXTを使うと

  1. 適切な販促策・ターゲッティングができる
  2. 業務の標準化ができる
  3. データに基づいた質の高い会議ができる

戦略会議NEXTは、流通・小売業で100社以上の
導入実績のあるリゾームの新製品です。
従来のDMS・顧客分析システムを統合した
クラウド提供も可能な
ウェブアプリケーションになっています。

注1) DMSは弊社が提供しているデベロッパーマネジメントシステムの略称です。

戦略会議NEXTの主な特徴

効果的な販促・分析

会員ABC分析画面優良会員抽出画面
会員ABC分析
高頻度かつ高額利用の「優良会員」を抽出することができます。 さらに抽出した会員の年齢層や利用しているショップなどを分析することができます。 これらを把握することで、より効果的なDM・メール配信が可能となります。

※ 別途、PromotionGATEの契約が必要です。PromotionGATEは弊社が運営する、安全にメールを一斉送信するサービスです。

時系列分析
時間帯、日別、週別、月別などの時系列分析メニューも搭載。 「年間販促に対する52週分析」や「バーゲン期間中の日別推移」 など、販促の効果を簡単に可視化できます。
商圏分析
近隣のマーケットシェアや広域からの集客状況を把握することができます。 足元商圏の会員について状況を把握することは非常に重要です。 また、国勢調査のデータを連携してマーケットボリュームを把握することが可能です。
新規・リピート分析
入会日や該当店舗の初回利用などを条件として会員を抽出・分析することができます。

日常業務のサポート・効率化

ダッシュボード画面集計画面
ダッシュボード
トップ画面で表示されるダッシュボードにより、日々確認するべきデータを確認したり アラーム機能の通知により異常を検知することができます。 これにより業務の効率化に繋がります。
集計機能
売上、客数に加えて賃料、経費などの項目もあわせて集計することができ、ショップの運営状況を簡単に把握することができます。 業種別やフロア別といった分類別の集計の他、店舗別の集計や時系列、クロス集計など様々な角度で集計が可能です。 店長会の報告資料作成などにも役立ちます。
年間カルテ
ショップの年間実績が把握できるカルテ(帳票)で、ショップとの面談に活用できます。 また、ショップとの面談記録を残すことができ、ショップとの面談履歴管理、引き継ぎに利用することが可能です。
ありがとうレポート
ショップの新規会員、リピート会員の購買情報を分かり易くまとめた月度単位のレポートです。 ショップさんの情報支援、ショップ本部への報告資料としてもご利用頂いております。

質の高い会議を実現

買回り分析画面SC年度レポート画面
ショップABC分析
売上、客数や賃料、経費など様々な指標により好調なショップ、不調なショップを抽出することができます。 ショップ面談や店長会用の資料について、説得力を向上させることができます。
買回り分析
ショップ間、フロア間など様々な切り口で会員の買回りを分析することができます。 リニューアル、リーシングなどの計画づくり、検証などに活用することができます。
SC年度レポート
施設全体の年度概況をまとめたレポートです。 自施設の状態を把握し、強み・弱みを客観的に分析することにより方針策定や戦略立案に活用することができます。

導入事例

JRE POINT

JR東日本様の運営する"JRE POINT"の分析システムとして、戦略会議NEXTが採用されております。以下のとおり評価いただき、導入に至りました。

リゾームの顧客分析システムは、会員規模が最も大きいアトレでの7年間の運用実績があり、その搭載機能とユーザーインターフェースに対する信頼がありました。そして今回のJRE POINT一本化における『戦略会議NEXT』提案内容は、従来のシステムが抱えていた課題をクリアしており、業界を知り尽くしたリゾームならではの分析の切り口や、ニーズを徹底的に反映した仕様と、適切な費用感であったことが導入の決め手となりました。

導入してから10か月が経過し、運用現場では以下のような変化があったとのお声をいただいております。

  1. 『戦略会議NEXT』独自の切り口による分析結果は、従来得られなかった沿線顧客情報(属性、コアターゲットの割り出し、買い回り傾向など)の把握や販促施策の参考に役立っている。
  2. 導入施設を集めた月次定例会で分析結果を共有し、共同販促などの施策実現につながっている。
  3. いままで本部においては、各商業施設の「売上」「客数」のみ把握してきたが、施設横通しの顧客分析結果を活用し、モニタリング・マーケティング機能を開始する土壌ができた。
  4. システム統合により、ID一括管理・モニタリングが実現したことで、情報のセキュリティ性が向上した。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせは03-3523-1128まで。平日9時〜18時(祝日除く)。担当の三浦まで。

以下のフォームからご連絡していただきますと、スムーズにやりとりが行えます。

  • ① 入力
  • ② 確認
  • ③ 完了
エラーが発生しました。入力内容をご確認いただき、再度送信をお願い致します。
送信できない場合は、大変申し訳ございませんが、お電話またはメールにてご連絡ください。
(success)
(success)
(success)
(success)

デモのご希望日、資料送付先情報などをお知らせください。

個人情報の取り扱いについて
必ずご確認ください。

  • ① 入力
  • ② 確認
  • ③ 完了

この内容でよろしいですか?

 個人情報の取り扱いについて同意しました

  • ① 入力
  • ② 確認
  • ③ 完了
お問い合わせのお礼をする人

お問い合わせいただきまして、
ありがとうございました。
3営業日以内にご連絡がない場合は、
大変申し訳ありませんが、
お電話にてお問い合わせください。